和装の前撮りをしてもらおう【夫婦の思い出を残そう】

新郎新婦

ウェディングプランの基本

国内のリゾート婚として人気が高いのが沖縄です。中でも美しい海や空の下で行うフォトウェディングは豊富なプランが用意されています。フォトウェディングのプランは撮影場所や衣装、撮影データ数などで構成されているので希望に合うプランを選びましょう。

撮影

新しい結婚式のかたち

フォトウェディングは写真撮影をするだけの結婚式ですが、その内容は様々であり、二人だけの記念にするための工夫が多いことが特徴です。結婚式を行わなかったカップルが結婚式の代わりに選ぶ方法として、魅力的な面がたくさんあります。

新郎新婦

早期申し込みが大切

和装で前撮りしたい場合は、イメージを固めてから予算や費用を考えるのがおすすめです。屋内か屋外か、カジュアルな雰囲気か正統派な雰囲気かなどによってかなり費用は変わります。また結婚式で使いたい場合は時間がかかるので早めに行動する必要があります。

写真だけの伝統的な結婚式

和婚

写真で一足先の和婚結婚式

近年、結婚式を挙げる前に、ドレスや和装姿で、写真を前撮りする方が多くなっています。新郎新婦は、結婚式当日はゲストへの対応に追われて忙しいため、ゆっくりと写真を撮ることができません。そのため、前撮りをしておくと、2人の納得のいく写真を撮ることができ、思い出に残る写真を納めることができます。新郎新婦の写真は、前撮りだけに限らず、フォトウェディングと言って、披露宴をせずに写真だけを撮っておくというのも人気です。また、結婚式当日には純白のウェディングドレスとカラードレスを着るけれど、和装は披露しない、という方にも、和装姿での前撮りがおすすめです。和装ですと、どうしても着慣れていないため、洋装に比べて体が疲れやすく、特に妊娠している新婦の方は歩くだけでも大変です。ほかにも、披露宴後に2次会を行う方や、次の日からハネムーンに行く方の場合は、披露宴中は洋装だけにして、和装は前撮りにするという着こなし方の方がよいでしょう。前撮りの場合は、写真撮影の場所を、スタジオの中だったり、自分の好きなロケーションでとったりと選ぶことができるのも魅力です。たくさん撮りたい方は、スタジオと好きなロケーションの両方で思い思いのポーズで撮影してもよいでしょう。一生に一度の結婚式ですので、洋装だけでなく、和装も着て、たくさん写真を撮って記念に残しましょう。ブライダルヘアメイクを挙式とは違うものにして、ドレススタイルを2度楽しむというのもおすすめです。ブライダルヘアメイクでは定番のアップスタイル以外だけでなくダウンスタイルも人気があり、編み込みをうまく使ったスタイルも素敵です。飾りもティアラから花、ボンネットなど種類が多く、合わせ方によってさまざまなスタイルが完成します。ひとつのスタイルに決められないという人は、ぜひ前撮りで違ったスタイルを挑戦してみるといいでしょう。披露宴中に和装は着ないけれど、和装の前撮り写真は撮るという方は、せっかくですので着物姿もゲストに見てもらえるように、和装の写真を編集・加工して、ウェルカムボードにして受付に飾ったり、オープニングムービーで、和装で撮影した時の様子を上映するというのも素敵な演出です。

Copyright© 2018 和装の前撮りをしてもらおう【夫婦の思い出を残そう】 All Rights Reserved.