和装の前撮りをしてもらおう【夫婦の思い出を残そう】

早期申し込みが大切

新郎新婦

イメージを重視しよう

結婚式はウエディングドレスで、と考えている人でも、白無垢や色打ち掛けといった和装に憧れがある人は少なくありません。そのような場合は前撮りなどで写真だけ残すのがおすすめです。和装は時間がかかるので、当日着るよりも前撮りで着る方が負担が少なくてすむというメリットもあります。結婚式や前撮りというのは人生で何度も経験することではないので、事前にいくつかのことを考えておき、早めに行動するのが重要となります。まず考えておくべきが予算とどのような写真が撮りたいかです。結婚式なども行うのであれば、あくまでメインはそちらとなるので、どのくらいまで費用がかけられるかを考えておかねばなりません。といってもどれくらい費用がかかるかわからないという人が多いので、まずは和装でどのような写真が撮りたいかを考えるとよいでしょう。ブログ写真や写真館がアップしているアルバム、個人投稿の写真サイトなどを参考にして、撮りたい写真のイメージを固めましょう。それに合わせて写真館やカメラマンをピックアップして費用のイメージを持つと比較しやすいです。屋外か屋内か、正統派の写真かカジュアルな写真か、和装でも何着着られるかなどは写真館やカメラマンによってかなり差があります。その写真をウェルカムボードや年賀状に使うかもポイントとなります。前撮りから使えるデータに直すには二ヶ月ほどかかることがあるので、結婚式に使いたい場合はなるべく早く行動するのが重要です。

Copyright© 2018 和装の前撮りをしてもらおう【夫婦の思い出を残そう】 All Rights Reserved.